Day 7 Event Details

?+

students complete this registration

Event Overview

Pepper ハッカソン

ソフトバンクの人型ロボット Pepper を利用したハッカソンを開催します.「名城大学/情報工学科の魅力を発信!」をテーマに作品をチームで開発し,オープンキャンパスで発表会とデモ展示を実施します.

※名城大学理工学部情報工学科はソフトバンクグループ(株)の Pepper 社会貢献プログラムに参加しています.

説明会:2018/07/19 (木),7/20(金) 12:30-12:45 Room: 2-403

0:30 pm

Pepper ハッカソンについて

Facilitator: Hidekazu Suzuki | Time: 15 min | Type: Briefing Session

Pepper ハッカソンの概要,ルールや発表会に関する説明および質疑応答を行います.

ハッカソン発表会:2018/08/04 (土) 13:30- Room: 2-413

10:00 am

作品準備

Facilitator: Hidekazu Suzuki | Time: 120 min | Type: Group Work

チームで開発した作品を Pepper にインストールおよび動作確認など,午後の発表会に向けた最終準備を行います.

12:00 am

Lunch

Time: 75 min

13:15までに集合してください.

1:30 pm

開催挨拶

Facilitator: Hidekazu Suzuki | Time: 15 min

本プロジェクトおよび Pepper ハッカソンの概要について紹介し,審査方法などについて説明します.

1:45 pm

プレゼンテーション・デモ

Facilitator: Hidekazu Suzuki | Time: Max 10 min/Team | Type: Presentation & Demo

開発した作品のプレゼンテーションおよびデモを実施します.

X:XX pm

休憩・審査タイム

Time: 20 min

審査員の投票結果を集計している間は,休憩ならびにオープンキャンパスに参加している高校生に作品を体験してもらいます.

X:XX pm

表彰式・記念撮影

Facilitator: Hidekazu Suzuki | Time: 15 min

審査結果の発表および表彰式ならびに副賞を贈呈します.

Introduction of Facilitator

  • 鈴木 秀和名城大学理工学部情報工学科 准教授

    中2の時にIBM PC互換機を買ってもらい,高校生の時からプログラミングを始める.本格的にコンピュータについて勉強したいと思い,大学へ進学し,FreeBSDカーネルを改造してプロトコルを実装するなど,ディープな研究を行う.2010年より名城大学にて教育・研究に従事し,2015年からは東北大学電気通信研究所共同研究員を兼任して「ユビキタスシステムの実世界導入に向けた実証的研究」プロジェクトに若手研究者として参画.最近はテクノロジーを活用して身の回りの課題を解決するCivic Techに興味を持ち,Code for Nagoya/Aichiに参加して活動の場を広げている.趣味はツーリング.

Special Support Member

  • 【協賛】名城大学 情報会,TBD

Overview

テーマ 「名城大学/情報工学科の魅力を発信!」

このテーマに沿って作品を開発してください.

ルール

  • • 参加可能な者は名城大学 情報工学科/情報工学専攻に在籍する学生とする.
  • • 1チーム最大3名までとする.学年混成でチームを結成することが望ましいが,この限りではない.
  • • Pepper を必ず利用すること.なお,その他のハードウェアやソフトウェア,クラウドサービスやWeb APIなどは自由に利用して良い.
  • • Pepper のプログラミング環境は,Robo Blocks,Choregrapheの他,何を利用しても良い(特に指定はない).
  • • 開発期間は発表会当日午前までとする.
  • • チーム名,メンバーの学年・学籍番号・氏名,作品名を指定された期日までに報告すること.
  • • プレゼンテーションおよびデモの持ち時間は,各チーム最大10分とする.
  • • プレゼン中にデモを実施する際,チームメンバーではなく,聴講している高校生に体験してもらうことを原則とする.もし,プレゼン中にデモを実施しない場合は,事前に開発した作品の動作結果を動画で撮影し,発表時に再生すること.

審査

  • • 審査基準は,テーマ性,作品の内容・完成度,プレゼンテーションを総合して.
  • • 審査員は,オープンキャンパスに参加しており本発表会を見学している高校生・親御さん,サポーター,教員とする.
  • • 審査員は1人1票を何れかのチームに投票する.
  • • 得票数の多いチームから順位を決定する.
  • • 上位2チームについて得票数が同点だった場合は,サポーターおよび教員の審議によって順位を決定する.

副賞

  • • 最優秀チーム:1人 5,000円の図書カード,名城大学ノベルティグッズ
  • • 優秀チーム :1人 3,000円の図書カード,名城大学ノベルティグッズ

Attentions

Register Day 7 (Deadline: 7/28 17:00)