教員 Staff

田中 敏光教授Toshimitsu Tanaka

最終学歴
名古屋大学大学院工学研究科情報工学専攻博士前期課程修了
学位
博士(工学)(名古屋大学)
専門分野
  • コンピュータグラフィックス
  • ヒューマンインターフェース
  • 画像処理
研究課題
  • 子供向けモデリングシステム(バルーンアートやブロックをモチーフにしたエデュテイメントプログラムの研究)
  • カメラワークの自動生成
  • CGにおけるリアリティの表現(汚れ,ゆがみ,くもりなどの表現方法とその利用方法の研究)
  • 三次元姿勢計測とCGによる復元
  • 直感的なモデリングシステム
  • 研究室ホームページへ
  • メールアドレス

教育活動

教育研究に対する取り組み・抱負

自身の専門はコンピュータグラフィックスで,自然現象や人為現象をリアルに映像表現することを研究課題にしている.ただし,研究室のテーマは,学生の希望を取り入れるため,画像処理やヒューマンインターフェース,教育工学など,幅広い分野に及んでいる. 卒業・修士研究では,学生一人一人が異なるテーマを持ち,自分で考え,判断し,結果を出すように指導している.テーマは学生自身が見つけることを良しとしており,研究意義があり,かつ,指導可能な内容であれば,自由に選択させている.また,学生の外部発表を奨励しており,年2回の発表をノルマとして,原稿作成やプレゼンテーションの指導を行っている.

研究活動

主な研究業績
  • アンチ・エリアシングのための直交スキャンライン法(査読付き論文),情報処理学会論文誌,第32巻,第2号
  • CGによる紙の破断表現(査読付き論文),電気学会論文誌C,Vol.128-C, No.12
  • GPUを用いたメタボールの実時間描画(査読付き論文),情報処理学会論文誌,Vol.49, No.12
  • ロントガラスを流れる雨滴の実時間表示(査読付き論文),電気学会論文誌C,Vol.129-C, No.12
  • インタラクティブ足跡表示手法(査読付き論文),電子情報通信学会論文誌D-II,Vol. J88-D-II, No.5
主な社会・学会活動
平成12年4月
情報処理学会東海支部 評議員 (平成15年5月まで)
平成16年4月
情報処理学会東海支部 幹事 (平成18年5月まで)
平成16年9月
電気関係学会東海支部連合大会開催校幹事として,名城大学で行われた大会を企画・運営した.平成17年9月15,16日開催.発表件数630件,参加者1200名.
平成21年3月
情報処理学会グラフィックスとCAD研究会幹事(平成24年3月まで)
Copyright © 2012- Department of Information Engineering. All rights reserved.