教員 Staff

鈴木 秀和准教授Suzuki Hidekazu

鈴木 秀和
最終学歴
名城大学大学院理工学研究科電気電・情報・材料工学専攻博士後期課程修了
学位
博士(工学)(名城大学・博士(工学)第62号)
専門分野
  • ネットワークセキュリティ
  • ユビキタスコンピューティング
  • モバイルコンピューティング
  • ホームネットワーク
研究課題
  • IPネットワークにおけるデバイスアクセス技術に関する研究
  • 移動透過通信システムに関する研究
  • ユビキタスネットワークのセキュリティに関する研究
  • 研究室ホームページへ
  • メールアドレス

教育活動

教育研究に対する取り組み・抱負

【教育に対する取り組み・抱負】
授業では学習内容が身近でどのように利用されているかを示すように努めており、学生が学問と社会のつながりを感じることができる工夫をしている。実験科目では得られた結果に対して、常にその原因・理由を考えるように指導している。また学生に工夫と試行錯誤を重ねさせることにより、自主性や創造性、独創性を養わせる創成工学教育を実践している。

【研究に対する取り組み・抱負】
研究活動では理論や特性評価だけでなく、社会のニーズにこたえるシステム開発も積極的に行っている。

研究活動

主な研究業績
  • NTMobile: New End-to-End Communication Architecture in IPv4 and IPv6 Networks, Proc. of the 19th Annual International Conference on Mobile Computing & Networking (MobiCom 2013), pp.171-174, 2013年.
  • NTMobileにおける通信接続性の確立手法と実装,情報処理学会論文誌,Vol.54,No.1,pp.367-379,2013年.
  • NTMobileにおける移動透過性の実現と実装,情報処理学会論文誌,Vol.54,No.1,pp.380-393,2013年.
  • 通信グループに基づくサービスの制御が可能なNAT越えシステムの提案,情報処理学会論文誌,Vol.51,No.9,pp.1873-1880,2010年.
  • プライベートネットワーク内のノードを通信相手とした移動透過性の実現方式,電子情報通信学会論文誌B,Vol.J92-B,No.1,pp.109-121,2009年.
主な社会・学会活動
平成23年4月
情報処理学会MBL研究会 運営委員(現在に至る)
平成24年11月
情報処理学会DICOMO2013実行委員(現在に至る)
平成25年1月
国際会議ICMU2014 Registration Co-Chair(現在に至る)
平成25年5月
情報処理学会東海支部運営委員(現在に至る)
平成25年6月
情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP編集委員(現在に至る)
Copyright © 2012- Department of Information Engineering. All rights reserved.