学科紹介 About Us

学科長挨拶

情報工学科長

情報工学科長
田中 敏光

いつでもどこでも情報サービスを受けられる生活は、便利ではありますが、プライバシーが丸裸にされる怖さも併せ持っています。情報サービスを適切に利用/提供するには、情報技術に精通した人が必要です。情報工学科では、様々な分野で使われている情報技術を系統だって学習するために、情報デバイス、情報処理、情報メディア、情報通信の4つのプログラムを用意しています。学生の皆さんは、希望する1つのプログラムを選択して学習することになります。(がんばれば複数のプログラムの修得も可能です。)また、一部の科目については再履修の時間を用意しており、学習の遅れを取り戻すことができます。情報技術で社会に貢献していきたいと思っている皆さん、私たちのところで勉強してみませんか。

学べる知識と技術

情報工学科では情報テクノロジーの基礎を広く身につけつつ、4つのプログラムのうちの1つを重点的に学ぶことにより、「強み」を持った情報エンジニアを育てます。

情報工学科で学べる知識と技術

社会での活用例

日本が目指すべき未来社会の姿「Society 5.0」が内閣府・科学技術基本計画の中で示されています。デジタル革新と多様な人々の想像・創造力の融合によって、社会の課題を解決し、価値を創造する社会です。情報工学科で学ぶテクノロジーは、この「Society 5.0」を支えます。

社会で活用されている情報テクノロジー

Copyright © 2012- Department of Information Engineering. All rights reserved.